【都立入試】自校作成校に合格するためのロードマップ(理科社会)

国語→数学→英語とロードマップを見てきました。

最後が理科社会です。

 

早速こちらをご覧ください。

理社のロードマップは、他の教科に比べるとシンプルです。

3本の線がありますが、実質2本です。

1本目は過去問演習
2本目は理社各単元の学習
3本目は弱点特化ノートの作成タイミング

を表しています。

このうち、3本目の弱点特化ノートの作成は、過去問演習と”ほぼ”並行して行います。

なので、実質2本なのです。

 

では、今度は時期に着目してもう一度見てください。

他の教科とは点線の位置が違ったことに気付けたでしょうか。

理社の場合は点線が8月後半頃についています。

このくらいの時期から受験勉強が本格化するためです。

 

中学3年になったら、もし可能であれば中学2年の3月くらいから、それまでに習った単元を軽く復習しておきましょう。

最初は思い出す程度で構いません。

 

理社の勉強にオススメの問題集があるのですが、そういうのを見て

「あー、そんなのやったかも!」

というくらい。

 

そして、夏休みに入ったくらいからもう少し丁寧に勉強していき、8月後半ころから過去問演習に挑めると良いです。

実際、過去問に取り組み始めるのは9月からでも構わないです。

 

理社は自校作成問題ではないので、2学期始まってからの演習でも間に合います。

ただし、冬前(11月くらい)には数年分の過去問をひと通りマスター(※)できているようにしてください。

マスター:どの問題も見た瞬間に、答え及びその解説が頭に浮かぶ状態

 

ここまで来られたら、最後に基本~応用レベルの問題集に取り組んでおくのはありです。

これは自身の実力や、どのくらい理社の勉強時間を捻出できるかをよく考えた上で判断する必要があります。

 

その時点で理社の点数が低いからといって、安易に問題集に飛びつくのは愚策の可能性があります。

できれば受験勉強を広く見渡せる人間に相談して決めたほうが良いです。

現状をきちんと連絡いただければ、私が判断することも出来ます。

 

以上が理社のロードマップです。

最後にもう一度、最初の図を出しておきます。

今回はあくまで全体観をお伝えしたかったので、細かい単元の勉強法などは一切出しませんでした。

それらについては

【都立入試】理科の勉強法

【都立入試】社会の勉強法

で細かく紹介していますので、こちらを参照してください。

 

各教科のロードマップ解説は以上です。

いま、そしてこれから何をすべきか、ぼんやりとでもイメージできたでしょうか。

もちろん、一読したくらいでは難しいので、1ヶ月置きくらいに自身の立ち位置を確認する感覚で振り返ってみてください。

コメントは受け付けていません。