知ってるだけで差がつく!自校作成合格のための「正しい勉強法」 詳しくはこちら

都立入試【英語】英作文で確実に点を取るテクニック

記事の要約
  • 聞かれたことに答える
  • 接続詞とコンマ(,)の乱発禁止
  • ワンパターン戦法を避ける
目次

テクニック1:聞かれていることに正確に答える

まずは以下の英文を読んでください。

Judy:I found a new thing I wanted to do. I’m very glad about that. Have you started doing any new things? If you have, tell me about them.

Maki:I will answer your question. There is one thing that I have started to do. I will tell you about it. →???→I want to tell you more about this when we meet again.

過去の都立入試の英作文から一部抜粋しました。

(実際はJudyからメールが来て、それに対してMakiが返信するという形式。)

 

問題は、前後の文脈に合うように???に入る3つの英語の文を書きなさい。

 

聞かれている内容は

「これまでに新しく始めたこと」。

 

例えばこの問題文の前部分では、Judyは三味線を始めたという内容が書かれています。

それに対して、あなたはなにか新しいことを始めた経験ありますか?と。

 

なので「私は○○を始めましたよ」という内容を書くのがベターです。

 

が、問題文を読めていないと、

「私は3歳からピアノを始めています」

とか

「私は英語を学んでいます」

とか

ちょっとズレた答えを書いてしまうんですね。

 

これが

聞かれていることに正確に答えることの重要性

を訴えている理由です。

正確に答えるには?

ではどうやったら正しく答えられるのか?

問題文を読み間違えないのか?

 

オススメの対策は「/読み」です。

 

/読みについてはこちらで詳しく紹介しています。

 

/読みができるようになると、英文を前から訳せるようになります。

前から順々に訳していくので、訳し忘れがなくなります。

訳し忘れが減るということは、文を正しく読めるということです。

 

また、/読みが定着すると、誤訳の頻度も減ります。

これも正しく読むことに繋がります。

テクニック2:むやみに接続詞やコンマ(,)を使わない

これはあまり聞いたことがないかもしれませんね。

 

接続詞とは

  • and
  • but
  • so
  • because

とかです。

 

コンマとは、

When I was three years old, I lived in Osaka.

の「,」です。

 

これらを乱発に注意してください。

 

英作文を添削していると、たまに

  1. I like English.
  2. And I want to be an English teacher.
  3. So I study English hard.

みたいに、接続詞をバンバン入れてくる回答を見かけます。

 

あるいは、

  1. I like English.
  2. And, I want to be an English teacher.
  3. So, I study English hard.

とにかく接続詞のあとに「,」を入れる回答も。

 

これら接続詞やコンマは不要なので、なるべく余計なものは入れないようにしましょう。

  1. I like English.
  2. I want to be an English teacher.
  3. So I study English hard.

こんなんで十分に正しく伝わります。

 

逆に、自身がないからと言って接続詞やコンマを乱発すると、

それらが誤用だった場合に減点されてしまいます。

 

ですから、余計なものは入れないのが無難です。

自分の中にお約束のテンプレートを作っておけば、無闇矢鱈と接続詞やコンマを乱発することも減ります。

テクニック3:同じタイプの文の繰り返しは避ける

これは少し高度なので、安定して3文書けるようになったら意識してください。

 

同じタイプの文を避けるとは、

  1. I like English.
  2. I want to be an English teacher.
  3. I study English hard.

こんな感じのやつで、すべて

  1. 私+一般動詞
  2. 私+一般動詞
  3. 私+一般動詞

の形式になっています。

 

これを

  1. I like English.
  2. My dream is to be an English teacher.
  3. I study English hard.

のようにすれば、

  1. 私+一般動詞
  2. 夢+be動詞
  3. 私+一般動詞

になり繰り返しが減ります。

 

あるいは、

  1. My dream is to be an English teacher.
  2. I study English hard.
  3. It is fun for me to study it.

という風にバラすのもいいと思います。

ワンパターン戦法は減点対象?

同じタイプの文の繰り返しが減点対象である

という公表はありません。

 

これはあくまで、私個人の予想です。

 

ですが、

英作文の採点は、高校によって独自基準を設ける場合がある

ということは公表さています。

 

そこで、

もしかしたら一部上位校では、受験生に差をつけるため、

同じパターンの繰り返しを減点対象にしているかも?

という可能性を考慮しました。

まとめ

英作文の点数を上げるテクニックを紹介しました。

 

1つ目は、聞かれたことに正しく答える。

問題文を正確に理解するところから始めましょう。

 

2つ目は、接続詞やコンマを乱発しない。

なるべくテンプレートに沿って各意識を持てば減ります。

 

3つ目は、同じ表現の繰り返しを避ける。

これは私の予想なので、そうかも知れないなと思い、かつ実行できる力をつけた人だけ取り組めばOKです。

この記事を書いた人

目次