【都立入試】自校作成校に合格するためのロードマップ(数学)

続いて見ていただきたいのは、数学のロードマップです。

 

自校作成問題は国数英の3教科ありますが、数学が一番、勉強の進行コントロールが難しいです。

 

これを読んでいるあなたが、数学がめちゃくちゃ得意で、

「学校の勉強とかチョロすぎますわ~」

というタイプでしたら気にする必要はありません。

 

ですが、そうでなければ、数学の進捗状況にはよく注意を払ったほうが良いです。

 

ではロードマップを見てみましょう。

3本のオレンジ線があります。

上から、

  • 過去問演習
  • 各単元の学習
  • 基礎計算力トレーニング

の時期を表しています。

 

重要なのは真ん中「各単元の学習」です。

もう一度、「時期」に着目して図を見てください。

真ん中の「各単元の学習」は、

入試を意識した瞬間から「1・2年の復習」が始まり、

8月以降はそれを継続しつつ「3年未習単元の予習」

となっています。

 

要するに、

  • 受験勉強頑張るぞ!となった瞬間から1・2年で習ったことを復習し始める
  • 8月前までに一通りできるように(学校のワークのB問題※が解ける程度
  • 8月以降は、↑の不足を補いつつ、3年の予習も少し入れる

という感じです。

 

※学校のワークのB問題

学校のワークや問題集は、たいていA~Cのように難易度が分類されています。

その難易度の真ん中レベルがサクサク解ける状態を目指す、ということです。

サクサク解けるというのは、問題を見た瞬間に「ああ、これね」と解き方がわかる状態のことです。

 

あとロードマップで伝わりにくかったのは、最後の線の「計算トレーニング」かと思います。

計算トレーニングとは、

  • 四則計算
  • 分数小数の計算
  • 比や割合の計算
  • 方程式(1次、2次、連立)

などを速く・正確に解けるようになる訓練のことです。

 

これは入試問題を解く上でも、学校の成績を上げる上でも、受験勉強をスムーズに進める上でも超重要なポイントです。

基礎計算が遅くて不正確な子は、どうしてももったいないミスをしがちですから…

 

ですので、こちらも入試を意識した瞬間から取り組んでほしいです。

 

まずは百ます計算。掛け算→足し算→引き算と進むのがおすすめです。

そして時期を見て、都立入試の大問1を集めたような問題集に取り組むのが良いです。

 

あと過去問演習についてですね。

国数英の3教科の中で、演習及び復習に最も時間がかかるのが数学です。

 

個人差ありますが、

  1. 自校作成問題を解き
  2. 解説を読んで理解し
  3. 弱点特化ノートにまとめる

この一連の作業を1年分行うのに平均3時間ほどかかります。

 

ですから、自校作成問題には10月中下旬くらいから取り組みたいところです。

もちろん、後ろにずれ込むことは往々にしてあります。

また、共通問題レベルをスラスラ解けないのに、背伸びして挑戦しても大した効果を得られません。

ですから、焦って飛びつく必要はないのですが、この目安は常に頭に入れて、日々の勉強を進めていくことをオススメします。

 

以上が数学のロードマップでした。

次は英語です。

【都立入試】自校作成校に合格するためのロードマップ(英語)

コメントは受け付けていません。