都立入試【数学】大問2(文字式、式の利用)の対策と勉強法

記事の要約 問1は絶対に得点する 問2は90点以上取りたい人とそうでない人で分かれる まずは文字式の基本からマスターする 都立入試数学の大問2は文字式・式の利用を使った問題です。 文字式・式の利用の問題とは? 文字式・式の利用を使った問題とは、簡単に言えば、 縦 a m、横 b mの四角形の面積を求めなさい。 【答え】ab ㎡ のよ

続きを読む

都立入試【数学】大問1(小問集合)の対策と勉強法

記事の要約 苦手な単元を潰しておく 計算問題のスピードUPを図る おまけ×2 都立入試数学の大問1:小問集合の勉強法をお伝えします。 今回は試験前にできる対策を2つと、 おまけで試験本番や模試、過去問演習などで使えるテクニックを2つ紹介します。 1:苦手な単元を潰しておく 大問1で出題される単元は、例年ほとんど変わりません。 なので

続きを読む

都立入試【国語】文章を速く読めるようになる方法(速読練習法)

記事の要約 文章を速く読めるようになるには 全速力で音読する 展開予測をできるようにする 入試において、文章を人よりも速く読めるのは武器です。 短い時間で小説や論説の文章を読めたら、それだけ選択肢判断に時間を使うことができます。 国語だけではありません。 文章を速く読めるということは、速く理解できるということです。 数学にせよ

続きを読む

都立入試【国語】安定して80点以上とる時間配分

記事の要約 大問ごとに時間配分を考える 最終確認用に5分は残す 時間内に解き終わるように解く 過去問の使い方でも書きましたが、教科ごとに時間配分を決めておくことは重要です。 というか必須です。 私が教える生徒には絶対に時間配分を考えるよう伝えますし、 模試などでも徹底的に時間を意識させるようにしています。 オススメの時間配分目安 い

続きを読む

都立入試【国語】過去問の効果的な使い方

記事の要約 過去問演習の目的1:時間配分の感覚を掴む 過去問演習の目的2:読み方・解き方を実践する 選択肢を選ぶときは×の理由も考える 志望校合格に超重要な「過去問の使い方」についてお話します。 …の前に、過去問演習の意義(やる理由)を知っておいてください。 国語の過去問演習をする意義は、 時間配分の感覚を身につけるため 「読

続きを読む

都立入試【国語】文法・対義語・四字熟語の対策は不要

記事の要約 文法は対策不要 対義語・四字熟語は読み方と意味をミニノートへ たまに中学3年生から 「文法が苦手なんですけど、どんな勉強したらいいですか?」 と質問を受けます。 あるいは、 「四字熟語とか覚えたほうがいいですか?」 とも。 これらの質問に対する回答を紹介します。 文法の対策は不要 ”受験勉強”の観点か

続きを読む

都立入試【国語】200字作文の対策と勉強法

記事の要約 満点になりやすい200字作文の型を知る 体験談はつくり話でOK 書きたい内容ではなく、書ける内容を書く これまでたくさんの生徒を見てきましたが、200字作文を苦手にしている受験生は多いです。 苦手な理由の多くは、 「何を書けばいいかわからない」。 なぜそう感じるかというと、200字作文の書き方を知らない or 教わら

続きを読む

都立入試【国語】漢字の勉強法

いきなりまとめ 入試範囲を網羅した使いやすい問題集を何度も繰り返す 見た瞬間に字や読みがパッと浮かんでくるまでは見るだけ ○△×法を使って効率化 都立入試において漢字の勉強は必須です。 漢字10問答えるだけで、20点ももらえるんですからやらない手はありません。 ではどのように勉強していくと、漢字をスムーズに覚えられるのか? 効率的な方法

続きを読む

都立入試【国語】配点と出題傾向から考える勉強方針

この記事をかんたんにまとめると ここ数年の出題傾向から最適な勉強方針を紹介 国語の点数を上げるには漢字、論説、小説、作文の対策をする 過去問は同じ問題を何周もする 都立入試の国語で高得点を取りたければ、 漢字をガリガリ勉強しつつ 小説と論説文の読み方・解き方を学び 作文の書き方を学び 過去問演習でそれらを定着させる この

続きを読む

【中学理科】定期テストで高得点を取る勉強法

こんにちは、浅見です。 このページでは、中学校の定期テストに向けた、最短時間で効果を上げる理科の勉強法を解説します。 大まかな流れ 大まかな流れは、 基礎の確認 問題演習 先生の好みチェック です。 特に最後のとかよくわからないと思うので、一つずつ説明していきます。 1.基礎の確認 まずやることは「基礎の確認」です。 中学理科における基

続きを読む